Main Menu
StaffBlog

スタッドレスタイヤの限界(新品交換目安)

一般的にスタッドレスタイヤは、その使用の限界を確認するには溝の磨耗チェックといわれています。接地面が50%以上磨耗すると、スタッドレスとしての機能を期待できなくなるらしいです。

スタッドレスタイヤは接地面のブロックにある、ギザギザした切れ込みのエッジがアイスバーンをひっかきます。タイヤには効果が期待できる特殊素材で性能向上があります。

路面の密着による効果もスタッドレスタイヤの重要な性能です。冷えても硬くならないゴムを採用していますが、シリカという素材を配合することでその効果を発揮しています。

雪路やアイスバーンでの滑りの原因は、雪や氷が解けて表面にできた水の膜です。これを取り除くために、排水と吸水効果がスタッドレスタイヤには備わっているのです。

スタッドレスタイヤには雪道を安全、快適に走行できるよう、様々な効果を発揮する技術が作りこまれていますが、性能を発揮するには、その溝が新品時の50%は最低限必要であるみたいです。50%以下の残溝では効果が期待できないということです。

磨耗以外に使用年数も大きな要因で、スタッドレスタイヤのゴムは夏タイヤよりも柔らかいのが特徴です。ゴムの経年劣化はヒビ割れや硬化で本来の性能を失います。接地面が50%以上あっても、約3年が限度と考えたほうがよさそうですが、それ以上でも使える場合もあるので摩耗と柔らかさのチェックの判断が必要です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 Copyright© 2012 CAR MECHANIC KYOWA All Rights Reserved